スポンサードリンク

2014年03月04日

求職者支援訓練校・公共職業訓練校の経営・収益!就職が決まらない訓練生が理想

求職者支援訓練校・公共職業訓練校の面接!選考基準は巨額の安定収入、奨励金から続く


求職者支援訓練校・公共職業訓練校は経営・収益を第一に考えます。

訓練生の就職問題など二の次三の次です。


求職者支援訓練校・公共職業訓練校の理想の受講生とは、訓練期間に就職活動を一生懸命して途中で就職が決まり、求職者支援訓練・公共職業訓練をとっとと途中で辞めるような人物ではないのです。


求職者支援訓練校・公共職業訓練校の収益の仕組みから、理想の受講生は

【就職は決まらず、職業訓練期間はハローワークにもろくに行かず、就職に役立ちそうもない資格でも暇に飽かせて懸命に取り組み、訓練修了間際になって急に思い出したように懸命に就職活動をして、訓練終了後2か月以内に就職する】

このような受講生なのです。

┐(-。ー;)┌ヤレヤレ


受講生が訓練期間中に資格を取得する、また受講生が訓練終了後2か月以内に就職すると求職者支援訓練校・公共職業訓練校に助成金・奨励金が入るそうです。


参考

いい加減な求職者支援制度!酷い求職者支援訓練校・公共職業訓練校が多すぎる


求職者支援訓練校・公共職業訓練校の面接を受けて落ちてしまった落田さんは、訓練校の儲けを、いやっ、訓練校の儲けのみを念頭に入れて2度目の選考・面接に臨みました。


「まず、しっかりと訓練を受けて資格を取得することに集中したい!

そして資格を取得した後、恐らく訓練修了間際にはなるかと思いますが、必死に就職活動して、訓練修了後、早期に就職したい!!」

(`ー´〃) ドヤッ!


求職者支援訓練校・公共職業訓練校の経営・収益を第一に考えて、まさに理想の回答をしたのです。


選考結果は、もちろん合格です。

(´・ω・`)フクザツダナ・・・


ハローワークと求職者支援訓練校・公共職業訓練校の面接・選考基準!就職活動!へ続く



スポンサードリンク
ハローワークの求職者支援制度・職業訓練!
Comment(2) | TrackBack(1) | 求職者支援・公共職業訓練校 選考基準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
サイト内&おすすめサイト内検索

ウェブ検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。