スポンサードリンク

2014年03月07日

ハローワークと求職者支援訓練校・公共職業訓練校の面接・選考基準!就職活動!

求職者支援訓練校・公共職業訓練校の面接!選考基準は巨額の安定収入、奨励金

求職者支援訓練校・公共職業訓練校の経営・収益!就職が決まらない訓練生が理想より続く


求職者支援訓練・公共職業訓練の受講に際しては、ハロワークでも事前に面接があるようです。

ハローワークでの面接は、「とにかく1日も早く就職したい、訓練を受けながらも就職活動は欠かさない!」と答えて、求職者支援訓練・公共職業訓練機関の面接では、「とにかく訓練に集中したい。就職は、あくまで訓練終了後、しかも訓練就労後2か月以内に!」というニュアンスを含めた方が良いようです。


実際に求職者支援訓練・公共職業訓練に行くと、自営業や内職をしている方が多く、就職を決めそうというより、何があっても求職者支援訓練・公共職業訓練というお気楽な副業を辞めはしないのだろうな・・・という方ばかりだったそうです。

訓練機関の責任者も自営業者であることなど把握されていて、経営している居酒屋に飲みに行ったりしていたそうです。


まじめに就職活動しているにもかかわらず、なかなか仕事が決まらない中で、求職者支援訓練校・公共職業訓練校にも落とされたとなるとどれほど落ち込むことか計り知れません・・・。

(/ヘ ̄、)グスン


そういう方に伝えてあげたい!


選考基準は求職者支援訓練校・公共職業訓練校の収益のみ、お金の問題のみです。

(。-`ω´-)キッパリ!!


あなたは就職できそう、すぐ就職が決まりそう、就職が決まって訓練途中で来なくなりそうに見られて落とされたのだと・・・

あなたが落ち込まなければならない理由など微塵もないのだと・・・

( 」´0`)」オォーイ!



スポンサードリンク
ハローワークの求職者支援制度・職業訓練!
Comment(2) | TrackBack(1) | 求職者支援・公共職業訓練校 面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
サイト内&おすすめサイト内検索

ウェブ検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。